各種保険取り扱い 自動車保険

HOME > 各種保険取り扱い:自動車保険

各種保険取り扱い:自動車保険

各種保険取り扱いのカテゴリーを選んでください。

総数5件 1

自動車保険はある程度理解しているとお考えのかたも多いと思います。しかし、自動車保険は賠償保険のほか、各種補償が付帯されている複雑な内容となっており、ある意味一番難しい保険であるとも言えます。K.I.Cでは一緒になってお客様の実情に合うよう、補償内容の相談を承っております。このページでは自動車保険の補償内容の代表的なポイントをQ&A方式でご紹介します。

相手との接触事故の場合、自分の車が停止している場合など一部の限られた条件以外は、自分も一定の割合で過失責任を負わされることが多いので、車の修理費のうち過失責任分は自己負担となってしまいます。

その際、車両保険に加入していれば補償を受けることができますが、車両保険は補償内容がいくつか種類がありますのでどの場合に保険金の支払い対象になるのか確認しておくことが重要です。

両方の保険とも契約した車に搭乗中の方が自動車事故でケガをした場合に補償する保険であるという点では同じです。
では何が異なるのかですが、支払われる保険金の計算方法に違いがあります。

ケガをした場合の損害例



◎上記のような損害が発生した場合に実損害分(自己負担分)を補償する保険
人身傷害保険
※相手から賠償金を受け取っている場合には二重請求できません。

◎ケガの程度による定額払、あるいは入院・通院によって保険金を計算する保険
搭乗者傷害保険
※搭乗者傷害はほかの保険とは関係なく支払われますので、仮に人身傷害保険で保険金を受け取っていたとしても保険金を請求できます。

よって支払い方法の特徴を十分に理解した上で、どちらかを選択すればいいわけです。手厚い補償を希望される場合には両方加入することも可能です。


確かに自分に過失がない「被害事故」の場合、保険会社はお客様に代わって示談交渉ができません。その場合『弁護士費用を補償する特約』をつけておけば弁護士への相談費用が保険で支払われます。


例えば・・・
信号待ちで停車中に追突されたが、相手がケガの治療費や車の修理費を支払ってくれない。相手との交渉を弁護士に頼みたいけどその費用が心配・・・といった場合にこの特約を使用することとなります。
※車両保険に加入していれば車の修理代は自分の保険を使うことで補償は受けることができます。
※人身傷害保険に加入していれば治療費などの実費を自分の保険で補償を受けることができます。

各保険会社によりロードサービスの適用対象となる契約条件やサービスの内容が異なります。
サービスが同じように見えても内容は異なるケースもありますので一度ご自分の契約している保険会社の条件がどうなっているか確認されてはいかがでしょうか?
もちろん当社にお問い合わせいただければお調べいたします。


上記Q&Aについては各保険会社で内容が異なりますので詳細は株式会社K.I.Cにまでご相談ください。

総数5件 1

株式会社 K.I.C

火災保険コンテンツ

  • 火災保険について
  • 加入時の保険の選び方
  • 補償額が決まるまで
  • 火災保険の主な特約
  • 地震保険
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 損保ジャパン
  • 三井住友
  • サイクル保険
  • ゴルフ保険
  • トラベル保険当HPでは、お客さまの利便性等を踏まえ、インターネット上で契約可能な商品をご案内しています。
株式会社 K.I.C
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区
西中島4丁目4-11 太陽ビル2F
06-6838-7030
06-6838-7037