火災保険について

HOME > 火災保険について

火災保険について

火災保険とは建物や家財などの財産が火災やその他の災害で損害を受けた場合・・・
火災保険で何がどのような場合に補償されるのか把握されていますか?一言で火災保険といっても補償される内容はプランによってバラバラです。
「火災保険は建物を購入したときに加入した。」という方、加入している火災保険には本当に必要な補償が付いていますか?
また、不要な補償まで付いていませんか?
ここでは火災保険の補償内容についてじっくりと解説いたします。


いま契約している火災保険があっても、補償される内容を理解していなければ意味がありません。
もしあなたが入っている火災保険が【住宅火災保険】だったら「火災・落雷・破裂/爆発・風災/雹(ひょう)災/雪災」までが補償となる部分です。
この保険では水濡れや台風などの水災、盗難などの事故の場合は、保険金が一切支払われません。

保険金額の設定は要注意です。
いまご契約している保険は、万が一の時に同じ建物が建てられるだけの金額が設定されていますか?
経年減価分を差し引いた「時価額」を基準とした設定になっていませんか?
これも火災保険に加入する上で重要なポイントです。
設定の詳細は納得のいくまで話し合いましょう!

保険料が安くなる場合もあります。
高層マンションなど比較的「水災」の影響がない環境であれば、「水災」の補償をはずすことができれば、これだけで保険料が安くなります。
またオール電化や家族全員が煙草を吸わないなど、保険会社の商品によっては、割引が適用されるものがあります。
また、1年で契約をするよりも2年以上の長期で契約した方が1年あたりの保険料は割安になります。


すまいの補償の中身を大きく分類すると上記の12パータンになります。本当にすまい環境に合った補償内容をプランに加えるのがポイントです。
※火災保険の一般的な補償を説明したものであり、各保険会社の商品や保険の目的により、特約名称や補償内容が異なる場合があります。

株式会社 K.I.C

火災保険コンテンツ

  • 火災保険について
  • 加入時の保険の選び方
  • 補償額が決まるまで
  • 火災保険の主な特約
  • 地震保険
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 損保ジャパン
  • 三井住友
  • サイクル保険
  • ゴルフ保険
  • トラベル保険当HPでは、お客さまの利便性等を踏まえ、インターネット上で契約可能な商品をご案内しています。
株式会社 K.I.C
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区
西中島4丁目4-11 太陽ビル2F
06-6838-7030
06-6838-7037